香川院長ブログ

初診・再診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

2015.05.14更新

今日はかなり暑かったですね。
でも当院では建物の作りがいいのか、日影が多いからなのか、
意外と中は涼しくて、窓を開けなくてもエアコンは つけなくてもいいくらいでした。

こういう気候って微妙ですよね。これだけ気温があがれば風邪をひく人は
いないんだろうな、なんて思うのですがやはり咳が止まらないとの主訴で
来院される患者さんが 意外と多いですね。
最近はネットでいろいろ調べる患者さんも多いので、ご自分である程度
診断の検討をつけてから来院される患者さんもいらっしゃいます。
”咳喘息でしょうか?”ときかれたりもします。
当院のホームページにも記載されていますように1週間くらい続く咳の場合は
感染症が原因のことが圧倒的に多く、その段階で咳喘息と診断するのは
なかなか難しいです。
でも以前から喘息といわれたことがある、 風邪をひいたりしていないのに
普段からときどき咳こむことがある、空咳が続く、という方は感染症後の遷延性咳嗽かもしませんが、咳喘息やアトピー咳嗽の可能性もあります。
逆に痰や鼻水がたくさんでる、しかも黄色い なんて方は副鼻腔気管支症候群かもしれません。
頻度はそれほど高くはないのですが、逆流性食道炎も咳の原因になります。

いずれにしても漫然と咳止めを内服していても改善しない場合は
原因の精査が必要です。
お困りの方はご相談ください。

投稿者: 稲城癒しの森内野クリニック

癒しの森内科クリニック TEL042-379-8880癒しの森内科クリニック TEL042-379-8880
アクセス 詳細はこちらアクセス 詳細はこちら
睡眠時無呼吸症候群 紹介先医療機関
睡眠時無呼吸症候群 紹介先医療機関
香川院長のブログ 初診・再診の方で
無料メールマガジン登録